慶應技術士会会員による物理情報工学科特別講義を実施しました。

1)小泉誠二技術士(73年計測卒):
世界初全光化海底ケーブル敷設時自動試験システムの開発(6月2日)

2)彌永眞技術士(59年機械卒):
「ものづくり」が日本を支える(6月24日)

3)武田秀雄技術士(77年計測卒、79年同修士卒):
低炭素社会の実現に貢献する電力用パワーエレクトロニクス技術(7月1日)

物理情報工学科特別講義

Top