1. 出展の目的

慶應技術士会の社会貢献活動の一環として、技術士が科学・技術の面白さを子供と一般市民に伝える一活動として、面白い科学工作「作って体験、LEDアートやリニア新幹線浮上の仕組み」(A会場(日本科学未来館1F)をサイエンスアゴラ((独)科学技術振興機構)にて行います(11月3、4、5、6日)。

2. 出展内容

今年の内容は、二つあります。

一つ目のLEDアートではブレッドボードにLEDを配線し、抵抗及びコンデンサ、タイマーICを組み合わせることにより点滅する原理を学びます。オームの法則など電気回路の基本原理を理解できるようになります。また、暗闇で点滅するLEDを振り回すことにより簡易的なLEDアートを体験できます。

二つ目のリニア浮上の仕組み(アラゴの円盤)では磁石につかないアルミの円盤が、磁石の作用(電磁誘導)で回ることを実体験します。これにより、リニア新幹線の線路に敷設したアルミのコイルの作用を理解できるようになります。

以上の楽しいお持ち帰り出来る工作体験を通して、科学が社会に与える影響を考える機会を提供致します。

皆さん、お子さんのご来場を楽しみにしています。

詳細はこちら

サイエンスアゴラ2016に慶應技術士会が出展します(2016年11月3、4,5,6日 日本科学未来館1F A会場)

Top